お手軽No.1牛丼

作った牛丼
牛肉料理レポ
Pocket

牛肉を使った料理の中でも牛丼が好きという方も多いでしょう。牛丼を提供するチェーン店は、男性客を中心に人気があります。

家庭でも手軽に作ることができるメニューですので、作ったことがある方もたくさんいます。牛丼とはどんな料理なのか、家庭で作るときに美味しく作るコツ、おすすめの付け合せなどについて紹介していきます。

牛丼ってどんな料理?

牛丼とはどのような料理のことを指すのか詳しく紹介していきます。

牛丼の歴史

牛丼は明治時代に牛鍋(すき焼き)をご飯にかけて食べたのがその原型だと言われていて、当時は「牛めし」という名称で呼ばれていました。

そして牛丼という名称で呼ばれるようになったのは、牛丼チェーン店として有名な吉野家の創業者だったと言われています。

牛丼とは

薄く切った牛肉に玉ねぎなどの具材を入れて、しょうゆやみりんで甘辛く煮込んで味付けをします。

それを丼に持ったご飯の上にかけて食べるのが牛丼の定番スタイルです。牛丼はすき焼き丼と呼ばれることもあるのですが、しらたきを一緒に煮込むなど入れる具材もお店や家庭によって異なります。

基本的にはしょうゆ味をベースとしているのですが、神戸らんぷ亭という牛丼チェーン店は塩だれにつけた塩牛丼や、味噌牛丼なども提供しています。

用意するもの・作り方

牛丼を家庭で作るときに用意するものや、作り方について紹介していきます。

用意するもの

材料は牛肉の薄切り(細切れでも可)300g、玉ねぎ2個、水1カップ、細粒だし小さじ2、しょうゆ大さじ4、みりん大さじ3、ご飯丼ぶり4杯分です。

これで4人分の牛丼ができあがりますので、好みや人数に合わせて量を調整するといいでしょう。

基本の作り方

牛丼は作り方を覚えてしまえばそれほど難しい料理ではありませんので、料理経験の少ない男性でも作れてしまうでしょう。

まず牛肉を約4~5センチの長さに切り、玉ねぎは薄切りにします。鍋に水としょうゆとみりん以外の調味料を併せたものを入れて火にかけて、沸騰してから薄切りにした玉ねぎを入れます。

玉ねぎが柔らかくなるまで8分ほど弱火で煮込むようにしましょう。強火から中火で煮込むと汁がすぐに蒸発してしまいますし、玉ねぎに味が染みこみにくくなります。

玉ねぎが煮えてきたらしょうゆとみりんを加えて、ひと煮立ちさせたら牛肉を投入します。

牛肉は肉に火が通れば十分ですので、煮込み過ぎないように注意しましょう。ご飯をよそった器に鍋でできた煮込みを乗せて、完成です。

もう一手間でさらに美味しく。おすすめトッピング

牛丼をさらに美味しく食べるためには、トッピングを合せるのがおすすめです。牛丼と相性の良いトッピングについていくつか紹介していきます。

紅ショウガ

牛丼の定番トッピングといえば紅ショウガです。牛丼チェーン店の多くでも、紅ショウガをトッピングとして提供しています。甘辛い味付けを、紅ショウガの辛みが引き締めてくれます。

またマヨネーズをトッピングすると、味がマイルドになるという意見もあります。常備している家庭も多いですから、試してみましょう。

汁物

牛丼と併せて食べるなら味噌汁がおすすめです。牛丼チェーン店でも味噌汁が一緒に提供されることがよくあります。

牛丼のチェーン店によっては味噌汁の濃さを調整できるところがありますが、牛丼の味付けが濃い目ですので薄めにしておいたほうが牛丼とよく合います。

おすすめの副菜

漬物も牛丼とよく合うトッピングのひとつです。漬物にもいろいろな種類がありますが、口の中をさっぱりさせたいなら、浅漬けがおすすめです。

野菜サラダも牛丼と合うトッピングのひとつです。野菜サラダのさっぱりとした口当たりが、牛丼の油っぽさを緩和してくれます。

牛丼のトッピングにはいろいろなものが紹介されています。手軽に試せるものが多いですから、いろいろ試して自分好みの牛丼を作ってみましょう。

ちなみに、、牛丼みたいなガッツリ系が好きなあなたには、ゴハンがすすむ!ジンギスカンのレシピもおすすめです。

たんシチュー
牛肉料理レポ
贅沢な週末に。牛たんシチュー

牛肉を使ったシチューと言えばブラウンソースのビーフシチューが有名ですが、同じビーフでもタンの部分を使 …

作ったステーキ
牛肉料理レポ
男のロマン!サーロインステーキ

ごちそうといえば「ステーキ」をまっさきに思いつく方も多いでしょう。ステーキで使われている肉といえば「 …