牛たん屋のまかないが気になる

gyu_007生まれも育ちも仙台の私は、牛たんを使った料理が大好きで二日に一度は専門店に通っています。この街には本当に牛たん屋さんが多く、また、その店ごとに工夫を凝らした料理が出されるので、これだけたくさん食べても飽きるということがありません。
特に私が好きなのは、この食材を分厚く切ってじっくりと焼いた「厚切り芯たん」と呼ばれるメニューです。これは、牛のタンの中でも特に柔らかい部分の「芯たん」を贅沢に使ったものですが、店ごとに微妙に塩加減などの味付けにこだわりが感じられ、毎日でも味わいたい料理です。
さて、実は私にはこれ以外にも気になっている牛たん料理が一つあります。それは、お店のメニューには乗っていないもので、いわゆる「まかない料理」とされるものです。
一般的にこの料理は、余った食材などを使ってお店の従業員などに出すメニューのことですが、これが意外に美味なものが多いことは、食通の間では広く知られています。

詳しくはこちらの記事へ
→ 牛たん屋さんで働きたい

ただでさえ美味しい牛たん屋さんの、客に出さないまかない料理を、牛たん大好きの私が気にならない訳がありません。これを何とか食べられないかと常々思っていましたが、この間とあるお店で「まかない牛たん定食」が900円前後のリーズナブルなお値段で出されているのに遭遇!迷わずその店にすぐ飛び込み、注文したのは言うまでもありません。
長い間漠然と憧れていたお味の方は、まかないならではの「食材が長く漬け込まれた深い味わい」で、最高に美味しかったです。
あいにく、毎日はこの定食は出されないようなのですが、また機会があれば、ぜひ注文しようと思っています。